フィナステリドの入ったプロペシアが薄毛に効果がある

フィナステリド

日本人に多い薄毛の原因に男性型脱毛症があります。
男性型脱毛症はAGAとも呼ばれており、頭皮に男性ホルモンが過剰に分泌されることにより、毛髪の成長が妨げられ薄毛になります。

髪の毛の生え際や頭頂部が薄くなるという特徴があり、遺伝により発症します。
AGAの治療にはフィステリドという成分が有効です。
フィナステリドはもともと前立腺の病気の治療に使用されていましたが、使用した患者の髪の毛が増えてきたことから育毛効果があることが発見され、薄毛の治療に使用されるようになりました。フィナステリドの入った薬がプロペシアです。

男性ホルモンが頭皮に分泌されるとジヒドロテストステロンという毛髪の成長を阻害する物質に変わるのですが、プロペシアは男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変えない働きをします。そのため毛髪が通常通り成長できるようになり、薄毛を解消することができます。プロペシアは医療機関でAGAと診断を受けると処方されます。


AGA治療薬プロペシアのメカニズムや特徴

薬

AGA(男性型脱毛症)は 男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が 偏った食生活やストレスなど、
なんらかの原因で過剰に分泌されることで発症してしまうと考えられています。
そんなときのAGA治療薬であるプロペシアは フィナステリドを主成分としています。
ジヒドロテストステロン(DHT)は髪の成長期を短くしてしまう働きがあり、 フィナステリドにはジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑えて、 成長期を元の健康な状態へと近づけるメカニズムがあります。
1日1回内服することで抜け毛や薄毛に効果があり、 その効果は医学的に証明されている信頼性の高いAGA治療薬になっています。
プロペシアは1錠250円と高価なお薬ですが、AGA治療に大変効果があるのが最大の特徴です。
万が一の副作用のことも考えて、服用には医師による処方を受けたほうが良いです。
AGA治療を行うクリニックではまずは無料でカウンセリングを受け付けています。
AGA(男性型脱毛症)は早ければ早いほど効果が表れやすくなります。