発毛剤を用いたAGA治療

発毛剤を用いたAGA治療

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、遺伝やストレス、食生活や喫煙などの生活習慣が原因で引き起こされると考えられています。
放置してしまうと徐々に進行してしまいますが、AGAは発毛剤を用いた治療が可能です。
そんなAGA治療に最も薦められている発毛剤が、フィナステリドを主成分にした内服薬とミノキシジルを主成分にした外用薬です。
毛周期の中で成長期が一番長く2~6年間は続きますが、AGAを発症すると数か月から1年くらいになってしまいます。
フィナステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)という髪の成長期を短くし、抜け毛の原因になっている男性ホルモンを抑制する働きがあり、抜け毛を予防し髪の成長をサポートします。
ミノキシジルは血管拡張作用があり、頭皮化にある毛細血管に栄養と酸素を運び、毛根の成長を促し、発毛をサポートします。
フィナステリドを主成分にした内服薬で良く知られているのがプロペシアです。
プロペシアは飲む発毛剤で病院で処方してもらうことができます。
どちらか使ってみて効果が出ない場合は両方併用することもできます。