プロペシアの危険性について

プロペシアの危険性

プロペシアは、フィナステリドと言う有効成分が配合されており、この成分がジヒドロテストステロンと言う男性ホルモンを抑制して、男性型脱毛症を改善して行きます。プロペシアは世界で初めて開発されたフィナステリドを経口で摂取する男性型脱毛症の薬であり、実績と成功例がある事から、危険性は低い薬品です。副作用が見られる事もありますが、副作用の発生は2から5パーセントで、症状も軽いものが殆どです。プロペシアの危険性が気になる人の為に、副作用の内容について紹介します。最も多く見られる症状は性欲減退、勃起不全、精子の減少、睾丸の痛みなどの男性機能の低下です。それ以外にも、下痢、腹痛、胃の不快感等が起こる事もありますが、どれも軽い症状で済む事が殆どです。プロペシアの服用を始めると、初期に脱毛が起こります。これは副作用ではなく、毛周期が薬によって変わり、産毛状の毛が抜けては生えてのサイクルを繰り返して次第に普通の毛になっていきます。副作用が心配な場合は、プロペシアを使用し始める際には、病院で検査を受けてから処方して貰うと良いでしょう。