AGA治療薬の飲み合わせと落とし穴について

2種類の錠剤

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれる症状で、大抵は遺伝や男性ホルモンの影響で毛髪を作り出す組織が十分に成長しない為に起こります。
思春期以降に自覚症状が現れる事の多い脱毛症で、AGAはできるだけ早い段階で治療して進行を遅らせる必要があります。
AGAの治療薬としては飲む薬または塗る薬が用いられ、プロペシアやフロジンなどが代表的です。
プロペシアは飲み薬として効果が高い薬の1つですが、肝臓で作用する薬の一種である為、治療薬の飲み合わせ問題を考慮しておく事が重要です。
基本的にプロペシアは風邪薬や鼻炎薬など日常的に使用する薬と同時に飲んでも、大きな副作用は生じないと言われています。
しかし、これらの薬も同様に肝臓まで運ばれるものが多く、一度に複数の薬を飲むと負担が大きくなるという落とし穴もあり、特に肝臓機能の低下や障害が認められる場合は注意が必要です。
また、治療薬の飲み合わせだけでなく健康食品などを併用する場合においても、時間をずらして飲むなどの工夫が安全性対策として有効になってきます。