薄毛治療薬プロペシアの耐性

薄毛治療薬プロペシアの耐性

薄毛の原因は科学や医療の発展によって解明されてきて、その治療法も確立されてきています。
プロペシアとはフィナステリドを有効性分とする男性型脱毛症の治療薬で、1日1錠服用するタイプであるため、飲む育毛剤として有名です。
主に頭頂部、前頭部(生え際)の脱毛を防止する効果があり、継続して利用することで初めてその効果を発揮します。
一般的に半年を過ぎた頃から効果が出てきますが、個人差があります。
プロペシアは男性型脱毛症の症状の改善に効果がありますが、長い間使用することで耐性が問題になってきます。
耐性とは、長期間の服用により体が慣れてしまい、これにより効果がだんだん薄くなっていくことです。
プロペシアの製造元はこうした耐性について公式なアナウンスは出しておらず、これに対する対策というのもありませんが、耐性という仮説自体にナンセンスを唱える方も多くいます。
AGAは何もしないで放っておくと、抜け毛が増える一方ですが、プロペシアを服用することでそれを大幅に食い止めることが可能です。